ETERNAL BEAUTY 大石社長、女性の自立と永遠の美を支援

大石入耶のインタビューが週間粧業に掲載されました。

3児の母であり、女性経営者・エステティシャンとして活躍し、全国に多くの女性ファンがいる美のパイオニアだ。
女性の誰もが憧れる「永遠の美」と「自立」を支えるため、エステティックサロンや美容を軸にしたスクール事業を展開している。
大石社長は、19歳の時に資生堂の美容部員として入社し、メークアップアーティストに転身するが、23歳でシュウウエムラサロンのエステティシャンとして活動しながら美を司るエステティシャンとしての心構えを学び、女性としての生き方に向き合うことになった。この間に結婚し、子供にも恵まれた。
そこから26歳で独立し、自身のサロンを開業した。美容部員やエステティシャンとして多くの女性と触れあい、話を聞いてきた中で、自身も当事者である「子育てと仕事の両立」が女性にとって重要な人生のテーマの1つであることを改めて実感し、29歳の時に独自の美顔法「イリヤ式FNTメソッド」を開発し、スクール事業を開始した。東京、大阪、静岡、名古屋など全国にエステスクールを開校し、独立を目指すエステティシャンのみならず、社会人として勤めながら転職や開業を目指している人、子育てしながら自宅サロンを開業しようと考えている人にエステティシャンの技術や開業のノウハウを教えている。
「私自身、仕事が楽しくなかったら子育てとの両立は不可能だった。だからこそ、女性には女性としての自分と母親としての自分、どちらも充実させて、人生を楽しんでほしいと考えている」
この思いがあるため、スクールでは技術や理論、エステティシャンの心構えや集客力などを修得してもらうための教育を徹底している。
また、エステでは化粧品も重要なツールとなるため、独自のヒト幹細胞コスメを開発した。神経由来の幹細胞コスメは国内初といい、女性の「永遠の美」を追求するブランドへと育成していく。

フォローする