幹細胞美容液の種類は?ヒト由来が効果的な理由!

幹細胞美容液を使うと、本来の美しさを内側から引き出し肌を健康な状態にする事が出来ます。

ただ、幹細胞美容液とひと言で言っても、複数の種類があって期待できる効果の程度が違います。

幹細胞美容液にはヒト由来のもの、動物由来のもの、植物由来のものの3種類があり、ヒト由来のものが最も美容にとって効果的なのです。

今回は、幹細胞美容液の中でも、特に人由来の幹細胞が効果的な理由をご紹介します。

1.幹細胞美容液とは

幹細胞美容液とは、最近急に注目を集めているエイジング効果の高い化粧品のことです。
生物の細胞は、分化してしまった後は、その形でしかとどまることができませんが、分化前の状態なら、その後さまざまな形に成長していくことができます。

幹細胞の代表的なものがES細胞で、医療分野などでも利用されています。

幹細胞美容液とは、幹細胞を培養する際に幹細胞から分泌された成分から作られている美容液のことです。

生命の源である幹細胞から分泌された美容液なので、肌を根本から活性化することができて、非常にアンチエイジング効果が高いです。

2.幹細胞美容液の種類

幹細胞美容液には、植物由来のものと動物由来のもの、ヒト由来のものの3種類があります。

それぞれ、植物の幹細胞から成分を取りだしたもの、動物の幹細胞から成分を取りだしたもの、人の幹細胞から成分を取りだしたものです。

3.植物由来の幹細胞美容液は、効果が薄い

植物由来の幹細胞美容液は一般にも市販されていて、抗酸化作用や肌に潤いを与える効果があるとされます。

ただ、それ以上に細胞を活性化させる効果は期待できません。

人間の細胞を活性化させるには、レセプターとリガンドの合致が必要です。

レセプターとは細胞の表面にある鍵穴のようなもので、リガンドとは、それに合う鍵のようなものです。

この2つが結びつくことによって、細胞ははじめて活性化することができるのですが、レセプターとリガンドは動物特有の情報伝達手段であり、植物には存在しません。

そこで、植物の由来の幹細胞美容液では人間の細胞を活性化させることができず、高いエイジング効果を期待することはできないのです。

4.動物由来の幹細胞美容液は安全性で問題がある

幹細胞美容液には、動物由来のものがあります。

これは、幼羊の毛根や羊のプラセンタから抽出される幹細胞エキスを使ったものです。人間の肌の幹細胞に近い成分なので肌なじみも良いですが、動物由来のウイルスなども含まれているおそれがあり、安全性の確認が必須です。

このような問題もあるので、日本ではあまり販売されていません。

5.もっともおすすめはヒト由来の幹細胞美容液!

もっともおすすめなのが、人由来の幹細胞美容液です。

ヒト由来の幹細胞培養液には、肌の活性化に必要なタンパク質が豊富に含まれていて、リガンドとなる情報伝達物質である「サイトカイン」が含まれています。

このサイトカインがあることによって、人間の肌に根本的に働きかけて細胞を活性化させます。

動物由来のもののように、ウイルスなどの安全性を心配する必要もありません。

本気でエイジングケアをしたいなら、ヒト由来の幹細胞美容液を利用することをおすすめします。