『HITOYURAI』モニターVol,②

20代の頃は生活が多少乱れても、肌の状態に悩むことはありませんでした。

しかし、30歳を過ぎたいま、肌はくすみ、ハリ・ツヤも失われ、なんだか顔が疲れて見えます。

やはり年齢とともに代謝も落ちるし、肌のターンオーバーも乱れていることが原因かな。

そう思ってターンオーバーを促す美容液や、浸透力の高い化粧水なんかを色々と試してみたのですが、いまいち「コレだ!」と感じるものが見つかりませんでした。

そんな時に出会ったのが「HITOYURAI+30 リペアセラム」です。

私が化粧品を選ぶときにこだわっているのが、「ターンオーバーを促す」ということ。

まぁ、それをうたっているものを散々試してきたわけですが…

このHITOYURAIは、どうやらこれまでの化粧品とはちょっと趣が違うようです。

なんでも、「ヒト由来神経幹細胞培養液」というものが使われているとのこと。

少々専門的で難しそうですが、なんだかすごく効果がありそうなので調べてみました。

まず、私たちの細胞は、時間の経過とともに老化していきます。

そのため、常に細胞分裂をして、新しい細胞に生まれ変わることを繰り返しています。

肌においては、古い肌が新しい肌へと生まれ変わっていきますよね。

これがターンオーバーです。

肌が紫外線などの刺激に晒されたり、年齢を重ねてくると、このターンオーバーが乱れたりサイクルが遅くなってくるんです。

では、どうすれば肌を正常なターンオーバーへと導き、ハリ・ツヤ・弾力のある肌を取り戻すことができるのでしょうか?

ここで重要となるのが「表皮幹細胞」「線維芽細胞」です。

表皮幹細胞は、表皮のターンオーバーを促し、線維芽細胞は、肌のハリ・弾力の元となるコラーゲンやヒアルロン酸を産生します。

ヒト由来神経幹細胞培養液は、この表皮幹細胞や線維芽細胞を活性化して、肌の自己再生能力を引き出すらしいのです。

コラーゲンやヒアルロン酸など足りないものを外から補うのではなく、自分でつくりだす力を高めるんですね!

つまりは肌の根本的な改善が期待できるというわけです。

これぞ私が探していたもの!

ということでさっそく試しているところです。

液体はトロッとしていて、肌に乗せるとよく浸透していきます。

初めて使った時には、肌がジーンとするのを感じました。

使い始めて1週間程度なので、劇的な効果はまだ感じませんが、肌が常時しっとりしてきたように思います。

使い続けて効果がでるものだと思うので、継続して使ってみたいと思います。