ヒト由来の幹細胞美容液が話題!どんな有効成分が含まれているの?

ヒト由来の幹細胞美容液には、大変高いエイジング効果*1があるので、「これから是非とも使ってみたい!」という方がたくさんいます。

「もう使っているよ、という方もいるかもしれません。

幹細胞美容液にはどのような成分が含まれていて、どのような美容効果があるのかが気になっている方も多いでしょう。

そこで今回は、幹細胞美容液の有効成分とエイジングケアに良い理由について調べた結果を、みなさまにお教えしたいと思います。

1.ヒト由来の神経幹細胞の美容液とは?

今、エイジングケアの意識の高い人から熱い注目を浴びている「ヒト由来の幹細胞美容液」です。

幹細胞とは、未分化の細胞で、今後他の細胞に成長することができるものです。

いわば生命の源のような組織であり、タンパク質に働きかけて細胞を根本から活性化させることができます。

2.そもそも、どんな成分が入っているの?

人由来の幹細胞美容液には、以下のような成分が含まれています。

2-1.もっとも重要!サイトカイン

人由来の幹細胞美容液の成分の中でも、もっとも重要なのがサイトカインです。

サイトカインとは、細胞のタンパク質の情報伝達の鍵になる物質であり、これがあるからこそ細胞が活性化することができます。

幹細胞化粧品やプラセンタ化粧品以外のエイジング化粧品には、サイトカインは含まれていません。

幹細胞美容液が今までの美容液と根本的に異なるのは、このサイトカインが多量に含まれているからです。

2-2.潤い成分やビタミンなど

  • コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン

これらの成分によって、肌の潤いを補い維持することができます。

  • 抗酸化物質、ビタミン

老化の原因である活性酸素を除去する酵素である抗酸化物質や、肌の明るさ、透明感*2

2-3.各種の成長因子

幹細胞美容液には、各種の細胞成長因子が含まれます。

  • EGF(表皮細胞成長因子)

表皮幹細胞にはたらきかけて皮膚のターンオーバーを促進します。

  • FGF(維芽細胞成長因子)

真皮幹細胞にはたらきかけて、コラーゲンやヒアルロン酸、抗酸化物質などを増やして肌に乾燥やハリ不足といった肌悩みから健やかな肌へ導きます。

その他、線維牙細胞の増殖を促すPDGF(血小板由来成長因子)や、抗炎症効果のあるTGF-β(トランスフォーミング成長因子)なども含まれています。

3.神経幹細胞美容液「HITOYURAI+30」

このように、幹細胞美容液には、今までの美容液にはなかったたくさんの有効成分が含まれています。

中でも、最近、幹細胞美容液の中でも珍しい、神経幹細胞による「HITOYURAI+30」が発売されたことは注目すべきです。

 

「HITOYURAI+30」は、脂肪幹細胞に由来するものと異なり、先に挙げた成分のほかに、Versican(バーシカン)という、黄金のまゆから抽出されるエキスや、植物由来の天然成分ARGIRELINE(アルジレリン)なども含まれていて、よりエイジング効果が高いものとなっています。

これから幹細胞美容液を試してみたいと思う人、もっと良い幹細胞美容液を使いたいという人は、是非とも一度、お試しください。

*1年齢に応じたケアの事
*2肌の明るさ、透明感とは、肌のキメが整っている状態