『HITOYURAI』モニターVol,⑤

本気で美肌を目指す人には「HITOYURAI+30 リペアセラム」をおすすめします。

女性にとって肌の悩みは尽きないもの。

私も30歳を過ぎた頃から、肌の潤いやハリ・ツヤが失われてきたと感じています。

なんとかしなくてはと、一生懸命保湿してみたり、色々なコスメを試してみたりしました。

しかし、多少は状態が良くなっても、本当に肌が元気になった、キレイになったと実感できるようなものには出会えませんでした。

そんな時に知ったのが、HITOYURAI+30です。

この美容液には、「ヒト由来神経幹細胞培養液」という成分が配合されているそうです。

なんだか難しいワードですが、幹細胞は、現在再生医療の分野で注目を浴びているものなんです。

ES細胞やIPS細胞と言えば聞いたことのある人も多いのではないでしょうか?

これらもいわゆる幹細胞です。

そもそも幹細胞とは、身体の様々な部位の全ての細胞の元になる細胞なんです。

再生医療では、幹細胞を使って、傷ついてしまって自然に再生することのできない身体の組織や臓器を再生し、機能回復を図ります。

そんなすごい細胞の培養液を使っているのがHITOYURAI+30。

この培養液には、幹細胞が分泌した500種類以上のタンパク質や、サイトカインという物質が含まれていて、それらが肌のターンオーバーを起こす「表皮幹細胞」を刺激するんだとか。

また、肌のハリ・弾力に必要なコラーゲンやヒアルロン酸をつくりだす「線維芽細胞」の働きも高めるそうです。

年齢を重ねて、肌がなかなか再生しなくなったり、ハリ・弾力がなくなるのは、表皮幹細胞や繊維芽細胞の働きが鈍くなるから。

HITOYURAI+30は、これらの細胞の働きを高めて、肌を元気にするんですね!

これは私にとって目からウロコでした。

これまで、肌に良いとされる成分を一生懸命使ってきました。

しかし、結局それらは、一時的に肌を潤したり栄養を与えたりはするものの、根本的に肌の状態を改善したり、肌を元気にするものではなかったのです。

実際に使ってみると、とろみのある液体が肌によく浸透していくのを感じます。

塗った直後に、肌の奥がジーンとする感じがあるのですが、良くない刺激というのではありません。

ジワーっと奥から効いてくるようなイメージです。

HITOYURAI+30のあとに、化粧水、クリームの順番で使っていますが、以前よりも肌がしっとりしてきて乾燥が少なくなってきました。

顔色も良く、化粧ノリも良くなってきたので、やはり肌そのものが少しずつ元気になってきたのかなと思っています。

継続して使うことで、ターンオーバーが整い、効果が目に見えてくるものなので、今後の変化に期待したいと思います。