怖い肌の老化

赤ちゃんの肌と10代の肌が違ってくるように、20代、30代、40代と年月の経過とともに、私たちの肌はどんどんと衰えていきます。

多少の個人差はありますが、世代が上がるごとに肌が老化していくことは自然の摂理であり、女性にとってなによりも怖いこと。

シワが目立つ、シミが多い、ハリ・弾力がないなど、その老化現象のあらわれは人それぞれ。

なにも策を講じなければ、肌はどんどん老化の一途を辿っていくでしょう。

しかし、なぜ人間の肌は老いていくのでしょうか。

肌の老化の仕組みを知ることで、肌の老化スピードを緩める糸口を探していきましょう。

肌の老化の種類

肌の老化の原因はひとつではありません。その原因はさまざまですが主に以下の5つに分けられるといわれています。
①光老化
紫外線を浴びることでシワ、シミやたるみなどの老化現象があらわれることを「光老化」といいます。

紫外線の種類にはUV-AとUV-Bの2つがあり、UV-Aは肌の真皮層にまで届き、コラーゲンやエラスチンを壊してしまうことで肌にたるみなどをつくり、保湿機能を低下させます。

一方、UV-Bは肌の表面にあるメラニン細胞を活性化させ、くすみやシミなどの原因となります。
②酸化
呼吸で取り込まれた体内の酸素がエネルギーとして消費しきれずに残ってしまったものが活性酸素へと変化します。

活性酸素は増えすぎると正常な細胞まで酸化させてしまい、活性酸素が脂質と結合して細胞を酸化させることを「肌の酸化」といいます。

酸化により、細胞の栄養分取り入れと老廃物を排出する働きが衰えてしまうため、老化が進行します。

また、細胞や遺伝子にダメージを与える可能性もあります。
③乾燥
角質層の潤いを保持する成分が減ると肌は乾燥します。乾

燥すると、コラーゲンやエラスチンをつくり出す線維芽細胞が不活性化し、たるみやシワといった老化現象にあらわれてきます。


④肌の菲薄化
「菲薄化」とは、加齢とともに女性ホルモンの分泌が減り、真皮表皮を支える真皮のコラーゲンやエラスチンの量が減少し、層が薄くなることでハリや弾力をつくる力が弱くなる老化現象です。

また表皮細胞をつくり出す働きも弱くなり、角質の新陳代謝も悪くなるので、皮脂をつくり出すのが遅くなることで乾燥しやすくなります。
⑤糖化
「糖化」とは、体内のたんぱく質と食事などによって摂取された過剰な糖が結びき、タンパク質(AGEs)という老化物質がつくられ、体内に蓄積してしまうことをいいます。

糖化が進行すると、肌をくすませ、老けた印象になってしまいます。

また、一度糖化してしまったものは分解されず、蓄積されてしまう上、コラーゲン同士を固めてしまい、ハリや弾力を失わせて、たるみの原因となります。

以上のように、主な5つの要因が絡まり合って、さまざまな老化現象として肌にあらわれてくるのです。

細胞の不活性化がいちばんの肌の老化原因

上記、5つの老化原因に頻出してきた言葉にお気づきでしょうか。

それは「細胞」です。細胞は肌をはじめ、人間の体をつくるのに欠かせないことはご存知だと思います。

ひとり当たりの体には細胞が約37兆個あるといわれています。

その細胞が肌をはじめとした体の老化のカギを握るポイントとなっていまますので、まずは肌の細胞について学んでいきましょう。

肌は「表皮・真皮・皮下組織」の3層に分かれています。

肌のいちばん上にある「表皮」とは表面から角質層、そして真皮層との間の基底膜までのこと。

この基底膜に必要な栄養が毛細血管を通して「表皮幹細胞」にスムーズに受け渡され、ハリや弾力のある肌が生まれます。

逆に、この栄養分の受け渡しや吸収する力が弱まってしまうとハリや弾力が失われていきます。

一方、「真皮」を構成する真皮層には線維や毛細血管、リンパ管などが詰まっており、表皮層を支えています。

そして、肌に必要な酸素や栄養素を送り込み、いらない老廃物を運び去ってくれます。

真皮層の主な成分にはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などですが、これらの成分をつくり出す「線維芽細胞」があり、肌のハリや弾力などにとても最も重要な働きを担っています。

そして、この働きが弱くなるとコラーゲンなどの肌のハリや弾力に必要な成分が不足し、老化現象としてあらわれてきます。

このように肌の細胞の働きが弱くなることで、肌本来の力が失われていくことが老化につながっていくのです。

細胞が活性化している肌はターンオーバーが正常に働く

美しい肌を保つためには、上記で説明した「表皮」と「真皮」を生まれ変わらせていくことが大切。

そして、この肌の生まれ変わりのことを「ターンオーバー」といいます。

この ターンオーバーを司っているのが「表皮幹細胞」

表皮や真皮の細胞が活発に分裂したり、増殖することでターンオーバーは行われて、私たちの肌は新しく生まれ変わることができます。

そして、年齢とともに細胞の働きが不活性化してくると、ターンオーバーが正常に機能機能しなくなってきます。

また、このターンオーバーは寝ている間にしか行われません。

睡眠不足が続くと、いくら若くても肌の調子が悪くなるのはこのためです。

美肌のために必要なヒアルロン酸

肌の老化を考えるうえで、細胞以外にもうひとつ大事な要素として外せないのが「ヒアルロン酸」です。

ヒアルロン酸は水分子を結びつける性質をもち、肌の水分量を調整し、弾力を保持し、潤いを保つ働きをします。

肌の真皮は表皮のなんと約10倍の厚みがあり、多くのヒアルロン酸が含まれています。

そして、そのヒアルロン酸は真皮のコラーゲンやエラスチンなどの主要な構成要素の隙間に存在しており、水分を抱え込む役割を担っています。

このヒアルロン酸が少ないと水分を保持できなくなり、皮膚の表面が乾燥し、肌のハリや弾力が失われていくのです。

肌を健やかに保つための必要なファクターが入っている「ヒト由来幹細胞培養液」

肌を健やかに保つための必要なファクターが入っている「ヒト由来幹細胞培養液」

具体的にどういう作用をするかというと、ヒト由来幹細胞培養液を使うことで肌の内側※へと働きかけ、肌を保護します。潤いや油分のバランスを保ち、健やかな肌を導きます。 ※肌の内側とは、角質層のこと。

ヒト由来幹細胞培養液には、500種類以上のタンパク質成分が含まれており、そこにはサイトカインと呼ばれる細胞活性のカギとなる情報伝達物質が豊富に含まれていて、細胞の働きを高めることにより、新しい細胞をつくることを促進させてくれます。

女性の大敵である肌の老化。

ただ老いておくのを見過ごしていては、なにも変わりませんが、このように「ヒト由来幹細胞培養液」を使って、細胞を活性化させることで怖さは半減するでしょう。

最新のテクノロジーを凝縮した「ヒト由来幹細胞培養液」は、不活性化した細胞を呼び覚まし、ターンオーバーを正常に促します。

女性にとって使わない手はありませんね!

肌の老化を怖がらずに、正しい知識を得て、対策をとることでいつまでも美しい肌と美を手に入れましょう。