日差しが強くなって来ると気になる、紫外線対策に関するお話

https://www.instagram.com/p/BT6IzZrFoq3/?taken-by=hitoyurai

皆様こんにちは!

ビューティープロデューサーIRIYAです^^

週末はダイエットをテーマにお話をさせて頂きました。暖かくなると薄着になりボディラインが気になり、サロンに駆け込む方も多くなってきます。ぜひ夏までに理想のラインを手に入れてほしいですね♪

夏が近づくとやってくる、紫外線対策に関するお話

さて、今日は紫外線の種類についてですが、

それぞれが与える肌の影響について少しお勉強しましょう。

紫外線は太陽の光の中では波長が短く、一番エネルギーが高い光です。大きくわけて3種類に分ける事ができます。

夏が近づくとやってくる、紫外線対策に関するお話

すべて波長の長さによって分ける事になりますが、波長が短い順に

UV-C,  UV-B,  UV-A

となります。

そのうち地上に届くのがUV-BUV-A

この2つが肌を大きく変化させてしまいます。

まず昨日お話ししたUV-A

真皮にまで届く紫外線で、家の中や車の中、カーテンの隙間からも降り注いで常に私たちの肌に影響を与える紫外線です。

夏が近づくとやってくる、紫外線対策に関するお話

このUV-Aは、表皮を突き進み、肌の奥にまでダメージを与えるので、真皮がダメージを受けてコラーゲンエラスチンが破壊されてシワ』、『たるみなどの老化の原因になります。

そして今の季節特に注意しなければいけないのがUV-B

UV-Aよりも波長が短いので、肌へのダメージは強く現れます。

UV-Bは肌の表皮に影響し、浴び過ぎると肌を赤くさせ、炎症(やけど)を引き起こします。

夏場、炎天下にいると赤くなってしまうのはこの現象ですね。いわゆる『日焼け』というのはこの現象ですね(°_°)

夏が近づくとやってくる、紫外線対策に関するお話

そしてメラニン色素を増加させて日焼けによるシミ・ソバカスを引き起こします。

UVBは、地上に届く紫外線総量の10%にも満たないのですが、人体に与える影響はUVAより圧倒的に強く、有害性はUVA600~1000倍近いといわれています。そのためDNAや細胞膜を破壊すると言われているので、しっかりと予防する必要があるのです!(◎_◎;)

そして、補足すると紫外線は目からも進入します。

昨日の記事を読んで下さった自転車のロードレースをされている先輩から皆様へ、サングラスの着用を!という事でコメントを頂きました。

もちろん目はもともと紫外線を防ぐ機能があるので日常生活ではかける必要はありませんが、長時間外に出たりして紫外線を浴びると角膜に炎症が起こり、脳は目が紫外線ダメージを受けた事を察知し、体内にシミの元であるメラニンを発生させるのです。

もうここまで聞くと紫外線は悪者でしかない!と思うかもしれませんが、人間は紫外線を浴びることで、免疫力を向上させるビタミンDを作り出す効果などもあります。

夏が近づくとやってくる、紫外線対策に関するお話

ですから私のお客様でも日中は出歩かない、ほぼ室内にいるという方はお体が弱かったり、元気が無かったり、という方が多かったですね(;_;)

私達は光と共に生きて、光と共に老化していくのですが、一生お付き合いするものですから、予防紫外線を浴びた後のお手入れをしっかりして、なるべく互い良い関係性で過ごせるように対策するのがベストですね☆

私自身、海に行くのも、外にお散歩に行くのも大好きです。好きだからこそ嫌いにならない努力をしたいと思います☆

本日も拝読ありがとうございました*\(^o^)/*

◆◇◆HITOYURAI Instagram◆◇◆

フォローする