イリヤ先生の美容塾~テカリと艶~

イリヤ先生の美容塾~テカリと艶~

華のない女に足りないのは光と影

IKKO

みなさんこんにちは!

イリヤです(^_^*)

さて今日のテーマは

テカリと艶

誰もが憧れる美しい肌の条件と言えば、みずみずしく輝いた光沢のある肌

とくに最近はクッションファンデーションなんかも人気で艶のある肌が美しい事は当たり前に認識されるようになりました。

でもこれからの季節、

『!(◎_◎;)ガーン!!メイクが崩れてる。。というか、テカリ??』

なんて事がよくあります。

イリヤ先生の美容塾~テカリと艶~

男性でもギドギド、ベタベタしたお肌だったら女子に幻滅されてしまいます。

一方、女優さんや韓流スターのように肌の内側から溢れ出す光のような物はに当たります。

この

『テカリと艶』

一体何が違うの??と思う方もいると思いますが、簡単に言いますと

テカリというのは皮脂バランスの崩れ

というものは内側から溢れだした水分

だと思って貰うとわかりやすいかと思います^ ^

テカリと艶。またその違いは、毛穴の開き具合とも言えます

毛穴が引き締まっていて内側から溢れ出す光のような物がですし、

毛穴が開いていてメイクが浮いてくるようならテカリですね。

イリヤ先生の美容塾~テカリと艶~

最近はメイクをしたときにマットな仕上がり(艶を消したメイク)のお肌が好きな女性もいらっしゃいます。

テカリが気になるからマットに仕上げる!そんな方もいらっしゃいますね。

そういった方は確かにマット感のあるメイクのほうがベストな場合もありますが、その前にテカリの根本的原因を解決しないといけません。

その皮脂バランスの崩れ、放っておいたら肌を老けさせます。

テカリの原因は2つ

過剰分泌された皮脂乾燥によるテカリ

大人の女性に見られる『テカリ』は

多くの場合、『乾燥によるテカリ』になります。(これについてはまた後日詳しくお話しますね

肌の表面は乾燥しているのにさらにマットにするとお肌は疲れているように見え、実際のご年齢よりもずいぶん老けて見えてしまいます(;´∀`)

以上の点からも30代からはとくに艶を意識したメイク、そしてお手入れが必要です。

イリヤ先生の美容塾~テカリと艶~

艶を味方にしたら『マイナス10歳肌』も夢ではありません!!!

テカリと艶は紙一重。

美しく、綺麗に見えるのが

汚く、見苦しく見えるのがテカリ

明日からは艶肌の作り方についてお話していきますね☆

みなさんお楽しみに(^_^*)

◇発行人

株式会社Eternal Beauty

代表 大石いりや

◆◇◆HITOYURAI  Instagram◆◇◆

フォローする